黒い詰め物?

口の中に黒い金属がある患者様へ

以前、虫歯治療をなされた方で、口の中に黒っぽい金属が詰められていませんか?これはアマルガムといわれる金属です(水銀含有合金)写真がアマルガムです。アマルガムの組成は、銀35%・スズ9%・銅6%・少量の亜鉛、そしてあとは水銀です。水銀の占める割合は、全体の約50%にも及びます。最近の研究では、歯科治療に使用したアマルガムは3年以内に劣化の兆候を示し、10年後には、平均で総重量の約73%が減少すると報告されています。その結果として、水銀の粒子や水銀の蒸気が体内に流出し、自覚のないままに吸収され、腎臓、肝臓、脳などに蓄積されていくのです。それから、蒸発した水銀の蒸気を吸い込むと、すぐに組織の中に吸収されて細胞膜を通って拡散してしまいます。水銀は、人体に有害な物質の中でも神経毒性の強い物質です。全身にあらわれるさまざまな不快な症状――感覚異常・不眠・神経的なイライラ・頭痛・めまい・アレルギー・原因不明の痛み等――は、もしかしたらお口の中のアマルガムのせいなのかもしれません。水銀のために妊娠しにくくなるという報告があるうえに、水銀が胎児や母乳にまで届く怖れがあるというのです。アマルガムは固まりやすく溶けやすい材料です。そのため、処置が手軽にできるという利点があります。ただそれは、お口の中においては欠点にかわります。熱いお茶などを飲むと溶けてしまうため、どんなに上手に処置しても、辺縁から形が変わってしまうからです。まだまだ、たくさんの副作用が報告されてきております。

以前、虫歯治療をなされた方で、口の中に黒っぽい金属が詰められていませんか?
これはアマルガムといわれる金属です(水銀含有合金)写真がアマルガムです。

アマルガムの組成は、銀35%・スズ9%・銅6%・少量の亜鉛、そしてあとは水銀です。水銀の占める割合は、全体の約50%にも及びます。

最近の研究では、歯科治療に使用したアマルガムは3年以内に劣化の兆候を示し、10年後には、平均で総重量の約73%が減少すると報告されています。その結果として、水銀の粒子や水銀の蒸気が体内に流出し、自覚のないままに吸収され、腎臓、肝臓、脳などに蓄積されていくのです。

それから、蒸発した水銀の蒸気を吸い込むと、すぐに組織の中に吸収されて細胞膜を通って拡散してしまいます。水銀は、人体に有害な物質の中でも神経毒性の強い物質です。全身にあらわれるさまざまな不快な症状――感覚異常・不眠・神経的なイライラ・頭痛・めまい・アレルギー・原因不明の痛み等――は、もしかしたらお口の中のアマルガムのせいなのかもしれません。

水銀のために妊娠しにくくなるという報告があるうえに、水銀が胎児や母乳にまで届く怖れがあるというのです。

アマルガムは固まりやすく溶けやすい材料です。そのため、処置が手軽にできるという利点があります。ただそれは、お口の中においては欠点にかわります。熱いお茶などを飲むと溶けてしまうため、どんなに上手に処置しても、辺縁から形が変わってしまうからです。

まだまだ、たくさんの副作用が報告されてきております。

アマルガムについての研究報告

アリゾナ大学分子細胞生物学部、バスケン教授(1994年)によると

  1. 10年を経過したアマルガムは、約40%が蒸発していた。
  2. 羊の実験で、歯に埋め込んだ放射性水銀が胃や肝臓、腎臓、横行結腸などをめぐっていることがわかった。
  3. 詰め物のアマルガムに刺激を加えなくても、水銀蒸気はでてくる。刺激を加えると、
  4. 水銀蒸気はさらに強くでてくることがわかった。
  5. 遺体の研究で、水銀が脳まで至ることがわかった。

イギリス厚生省とスウェーデン政府健康福祉局

  1. イギリス厚生省は1998年、妊婦のアマルガムの水銀が体内に吸収され、胎児まで届き、また、母乳まで移行する危険性があると発表した。
  2. また、スウェーデン政府健康福祉局も妊婦は胎児の安全のために妊娠期間中にアマルガムの治療を受けてはいけないと発表した。(母親の母乳検査をすると、アマルガムの詰め物が多いほど、母乳中の水銀濃度が高くなるという結果が出た)

京都市の島津医師(皮膚科医師)によると

  1. 島津医師が歯科医と共同で1991年から1998年までにアマルガムが充填剤としてつかわれ、アトピーなどアレルギー性皮膚炎のひどい患者300人を対象に調査。歯からアマルガムを取り除き、かわりに他の金属やレジンを詰めて様子を観察すると1年後に70%の患者で、皮膚炎が改善し、うち半数以上の58%が完治した。
  2. 島津医師らは1997年、京都市内の小学生250人を調べると、38%がアマルガムの治療を受けていた。アマルガム治療を受けていた児童での皮膚炎発生率が48%なのに対し、アマルガムが使用されていない児童での発生率が8%であり、皮膚炎発生率に明確な差がみられた。

としている。

当院では、この有害と思われるアマルガム(水銀含有合金)を積極的に除去していきたいと考えます。

お問い合わせはこちら

<平日>[午前]10:00~14:00 / [午後]15:30~19:00
<土>[午前]10:00~15:00
<休診日>水曜日・日曜日・祝日・土曜日午後

076-294-7113

©2015 たまい歯科クリニック